スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえる

最近は使い捨ての時代、

納得いかない物もありますよね、


今回は10年ほど愛用しているSUZUEハブをカスタムしてみました、





BMXのハブは大事な所ですが、よく調子が悪くなる事がありますね、

ほとんどのベアリングがシールドになっていて、

それを押さえている玉押がアルミ製、

よく考えられている物もありますが、

そうでもない物も多いと思います、

今回のこのハブは日本製で高性能ですが、玉押部分の内側がアルミ、

どれだけ性能が良い日本製でも何度も取り外しやライディングによる衝撃で

アルミはへたってきます、

今回もネジヤマの疲労と締め付けの疲労で干渉部分が出てしまい、回転が悪くなりました。

ベアリングを変えても納得いかなかったのでやってみました、


これは現行のアルミ玉押し

1507661_3742410576769_442755301_n.jpg














今回はクロモリのナットをカット

1517877_3742501019030_1492926313_n.jpg






左2つが現行のアルミ玉押、右がクロモリナットカット、

17のクロモリナットをカットして玉押の干渉部分を丸く削った、

薄口のレンチも入るし、これでいいはず!








1473014_3742536499917_1371333370_n.jpg












重さが2gしか変わらない、

最初のアルミ玉押はつぶれるし、ハブに干渉しネジヤマも弱いが

これだと締め付けの誤差も出ない、ベアリングも喜んで回転するはず!


600645_3742543140083_722595327_n.jpg
















左側(ハブベアリング側)

やはりきっちりセット出来、ホイルの回転が生まれ変わりましたよ。

1491676_3742548300212_1764336876_n.jpg











右側(カッセット側)

こちらもカセットのブレも無く、きっちり締め付けれる、

これで、性能もUPし長い間使っていけますね!


1527122_3742554620370_702750181_n.jpg




































おまけ、

私の愛車 SUBROSA SILVAも生まれ変わって軽量化です、

前後ホイルも交換、

ステム、ヘッドパーツ、スプロケットも25tと小さくなってます、



1463654_3734772105812_1020603739_n.jpg















Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。